寝る前のテレビ・パソコン・スマホは良い睡眠にとって悪影響

寝る前のテレビ・パソコン・スマホは逆に眠れなくなります!

寝る前のテレビ・パソコン・スマホは睡眠にとってはマイナス

不眠症に陥っている方の原因として多いのが、寝る直前までテレビを見たりパソコンをしたりしているという方です。
最近ではスマホを寝る直前までいじっている、なんて人も少なくありません。

「眠れないから、眠くなるまでテレビやパソコン、スマホを見ている」という理由のようですが、
実はテレビやパソコン、スマホなどのブルーライトと呼ばれる光は、
睡眠ホルモンであるメラトニンを減少させる働きがあるのです。

 

本来、朝に太陽の光を浴びることでメラトニンが生成される準備ができ、
夜になると大量に分泌されて眠くなってきます。

 

ですがブルーライトによりせっかく増えたメラトニンが減少するわけですから、
眠気がなくなってしまうのです。

 

また、見ているテレビやパソコン、スマホの内容によっては、興奮してしまうものもあるでしょう。
そうなると、ますます交感神経が刺激されて脳が興奮し、不眠症になってしまうのです。

寝る前の準備が大切です!

そのため、不眠症の改善方法としては、寝る前にテレビやパソコン、スマホは使わないようにするのが重要です。
寝る前といってもアバウト過ぎますので、時間でいえば2時間くらいはあけたほうがいいでしょう。

 

例えば22時に寝るつもりという方は20時になったらテレビもパソコンも消し、
スマホもいじらずに眠る準備をしましょう。

 

その間にお風呂に入るなどして身体をリラックスさせてもいいでしょう。
たったそれだけのことで不眠症が改善され、四つのいい睡眠を手に入れられるかもしれません。

眠くなるまでスマホをいじるといつの間にか寝ている理由

寝る前のテレビ・パソコン・スマホは睡眠にとってはマイナス

不眠症を改善する方法としては、眠りにつくまでになにか頭を使ったりするといいです。
電気を消して、目を閉じてもなかなか眠れない、となるとどうしても余計な事を考え過ぎてしまいます。

 

ストレスや悩み事があると、その時に思い出してしまい、ますます眠れなくなることもあります。

 

とはいえ、読書はあまり好きじゃない、という方は最近ではスマホを寝るまでいじるという方もいます。
スマホでいろいろなニュースを読んだりしているうちに、どんどん眠くなる、そうなったら眠るということのようです。

スマホのブルーライトが不眠の原因にな

確かに、照明を消していてもできることですし、眠気が出た時にすぐにやめられるのもいいのでしょう。
ですが、眠くなるまでスマホをいじるという不眠症改善方法は、注意が必要です。

 

注意が必要というか、正確に言えばやってはいけない改善法なのです。

 

確かに、中にはこの方法で眠れるという人もいるかもしれませんが、
スマホはテレビやパソコンの光と同じくブルーライトというもので、脳を興奮させてしまいます。

 

そのため、そのためいくら部屋の明かりを暗くしていても、
実際には目からスマホの光が入り込んでいますから、部屋の明かりをつけているのと変わりはありません。

 

ましてや、スマホでゲームをしたり、動画を見たりすれば
さらに興奮して不眠症の改善どころか、逆効果になってしまうのです。

 

最近の若者で不眠で悩んでいる方には、こういったスマホを毎晩いじっていることが原因となっているケースが多いです。ですので、不眠症の方は、寝る直前までスマホをいじるのはやめましょう。

効果と続けやすいコストで考えたおすすめ不眠症サプリ