カフェインの摂取が不眠症の原因に

カフェインなどの摂取で不眠症になることもある!

不眠症対策サプリメント

不眠症の原因と言われているのがカフェインの過剰摂取です。
これについては多くの方が周知の通りかと思いますが、カフェインには心身を興奮させる働きがあります。

 

カフェインというと、コーヒーを思い浮かべる方も多いでしょう。
もちろんコーヒーにはカフェインがたっぷり入っているので、眠れなくなってしまいます。

 

ですので、徹夜をするという方はいいですが、不眠症で悩んでいる方はコーヒーは厳禁です。

 

実はカフェインは緑茶にも入っている!

とはいえ、カフェインはコーヒーだけに入っているわけではありません。
実は緑茶にもカフェインが含まれています。

 

コーヒーは眠れなくなるから、といって緑茶を飲んでしまうと結局同じく眠れなくなります。
特に新茶には多くのカフェインが含まれています。

 

実際に、昔忍者が屋敷に忍びこむ際、5月は避けろ、と言われていました。
それは5月が新茶の季節であるため、忍び込んだ屋敷の方が浅い眠りで見つかってしまうリスクが高いためと言われていました。

 

カフェインは他の気が付かない飲み物にも入っている!

また、カフェインは微量ながらもコーラや栄養ドリンクにも含まれていたりします。
疲れを取るために飲んだ栄養ドリンクによって不眠症を引き起こしていることもあります。

 

カフェインはいつ飲んだら眠れなくなるのか、というと、摂取する量にもよりますが、摂取してから8時間は効いていると言われます。

 

ですので、眠る予定の時間を逆算して、何時を過ぎたらカフェインは摂取しないようにする、というように対応してみるといいでしょう。


効果と続けやすいコストで考えたおすすめ不眠症サプリ