薬などの服用でも起こる?不眠症の原因とは

不眠症の原因は薬などの服用でも起こる!

不眠症対策サプリメント

不眠症でなくてもその他の病気で薬を服用している方もいるのではないでしょうか。
実は服用している薬によっては不眠症を引き起こしてしまうものもあります。

 

薬を飲むと眠くなるのでは?と思う方もいるかもしれません。
もちろん、そういった副作用がある薬もありますが、人によっては逆に眠れなくなってしまう薬もあります。

 

こういった薬の副作用により不眠症になってしまったものを薬剤性不眠といわれています。

 

薬剤性不眠の種類

不眠症を引き起こしてしまう薬としては、いろいろあるのですが、主なものとしては高血圧の薬として服用される降圧薬
肥満症の治療に用いられる食欲抑制薬、うつ病の治療に用いられる抗うつ薬なども時には不眠症を引き起こしてしまうのです。

 

その他に抗結核薬気管支拡張薬なども不眠症になってしまうこともあります。

 

薬によっては、不眠症を併発してしまう病気の治療薬もあります。
例えば、うつ病や気管支拡張薬などがそれにあたるでしょう。

 

薬剤性不眠の対策

病気の治療に飲んでいるものが不眠症を引き起こすとなると、どうやっても眠れなくなってしまう、と思う方もいるでしょう。
そんな時には、しっかりと主治医に夜眠れない、といった事を伝えましょう。

 

そうすれば、服用する薬も変えてくれる、もしくは対処法を教えてくれるでしょう。
最近は新しい薬がいろいろ出ていますので、不眠にならない薬もあるでしょう。

 

また、上記以外にも不眠を引き起こす薬があるので、もし眠れないという方は主治医に確認してみるといいでしょう。


効果と続けやすいコストで考えたおすすめ不眠症サプリ