不眠症サプリで不眠症を対策する方法

不眠症サプリで不眠症対策するにはまず原因を把握する。

不眠症解消

不眠症サプリで不眠症を対策するためには、まず不眠症になっている原因を正確に把握する必要があります。
不眠症にもいろいろな症状があります。
また原因も人それぞれ変わってきます。

 

現在ではいろいろな病気が出回っていますが、病気のようで病気とも言いかねる、それでも毎日苦しい思いをする病気に、不眠症があります。

なぜ不眠症に陥ってしまうの?どのような眠りだと不眠症なのか

不眠症は、その名の通り眠れなくなる症状のことであり、睡眠障害の一つです。
ただ、不眠症と聞くと、夜全然眠れない!気がつくと朝になっている!というようなイメージがあるかと思います。

 

そのため、自分は不眠症とは無関係、と思っている方もたくさんいます。
ですが、不眠症にもいくつか種類があり、代表的なのは下記の4種類です。
入眠障害
中途覚醒
早期覚醒
熟睡障害

入眠障害

なかなか寝付けずに困っているという方は、入眠障害の可能性があります。

中途覚醒

眠っても夜中に何度も目を覚ましてしまうという方は、中途覚醒の可能性が高いです。

早期覚醒

起きる予定の時間よりもかなり早く目覚めてしまい、それ以降眠れないという方は、早期覚醒の可能性が高いです。

熟睡障害

眠っているつもりでも朝起きると疲労感やだるさが残るという方は、熟睡障害の可能性が高いです。

 

高齢者の方は、中途覚醒早期覚醒の可能性もあります。

不眠症がもたらす問題

不眠症の状態では、そのまま仕事に行けば集中できなくなったり疲れが予想以上に残っている、
またはやる気が出ない、などで仕事にも悪影響を及ぼしかねません。
職場によっては、取り返しのつかない失態をしてしまう可能性もあります。

 

また、不眠症だと病気を引き起こすリスクが高くなったり、イライラしたり肥満になったりといい影響は全くありません。
そのために、できるだけ早く不眠症を対策したいものです。

 

不眠症を対策するためには

不眠症を対策するには、まずは生活習慣を正すことが大切です。
規則正しい生活を送るだけでも不眠症が対策される場合もあります。

 

また、軽い運動をしたり半身浴をしたりすることで、リラックス効果が生まれ眠れやすくなったりします。
その他には、寝る直前に飲食をしたりスマホやテレビを見ることも神経を興奮させてしまうことになるので厳禁です。

 

また、不眠症サプリや不眠症対策グッズを試してみるのも良いです。
不眠症は寝なきゃ寝なきゃ、眠れない、眠れないと思うだけで本当に眠れなくなるものです。

 

逆に、不眠症はストレスも関係してくるので、不眠症の対策方法を試していると思うだけで眠れたりすることもあります。
ですので、不眠症になったら、何か対策方法を模索してみるといいでしょう。

効果とコストで判断したおすすめ不眠症改善サプリメント

グッスリ出来ない悩みにおすすめ!!
6種の厳選植物成分で独自ブレンド!
口コミで瞬く間に広がった話題の商品
不眠の方・朝起きれない方・疲れが残っている方にもオススメの商品です♪
初回限定!1,980円(通常購入5,980円)
【10日間安心返金保証】付き!

潤睡ハーブ


GOOD Night27000

朝までしっかり睡眠をサポート!
特許成分「ラクティウム」他、
睡眠に必要な成分27,000mgを高配合!
「テアニン」6,300mg、「グリシン」7,380mg、GABA、ラフマ、トリプトファン、カモミールなど睡眠に必要な成分を豊富に配合!
期間限定初回990円(通常購入6,000円)

GOOD Night27000


ネ・ムーン プラス

安眠を取りながら美肌も手に入れたい方に!
休息の質を支えるクワンソウ、グリシン、トリプトファン、GABAたっぷり配合!
休息中の身体を回復させるレスベラトロールも含まれていて休息サポート回復サポートW快眠効果!
定期初回2,750円 ※50%OFF+送料無料

ネ・ムーン プラス

入眠障害とは!入眠障害の内容と原因

不眠症解消

入眠障害とは

不眠症と聞くと一晩中眠れない、と思っている方もいるのではないでしょうか。
そのため、自分は不眠症ではないと思っている方もいます。

 

ですが、不眠症とはいっても一切眠れないというわけでは無く(もちろんそういう方もいます)、
不眠症にはいろいろな症状や種類があるのです。

 

不眠症の種類の中で比較的分かりやすい症状で、不眠症の中でも一番多いとされているものに
入眠障害があります。
しかも入眠障害は、多くの方が不眠症だと自覚している症状とも言えます。

 

入眠障害とは、眠ろうとベッドに入ってからもなかなか寝付けないといったタイプになります。

 

寝付けないといっても、その時間はまちまちですが、一般的には寝ようと思って電気を消して
目をつぶってから30分以上かかるという場合に入眠障害と言われます。

 

ちなみに、通常眠りにつくまでは10~15分と言われています。

入眠障害の原因

入眠障害の原因としては、ストレス、身体が眠れる状態になっていないという事が考えられます
ストレスがあると、ついついその不安になっている事を思い出し、脳が活性化(交感神経が働くため)してしまい眠れなくなってしまいます。

 

また身体が眠れない状態になっているというのは、体温が上がったままに
なっている事が考えられます。

 

その原因は心身ともにリラックス状態になっていないためです。

 

たとえば、熱いお風呂に入った、食事をしたばかり、テレビやパソコン、スマホを
直前まで見ていたりするとこのような状態になります。

中途覚醒とは!中途覚醒の内容と原因

不眠症解消

中途覚醒とは

不眠症の種類の中には、自分では不眠症だとは思っていないタイプもあります。
その一つが、中途覚醒というタイプです。

 

中途覚醒とは、眠りに付くのは問題なくても、寝ている途中、
つまり夜中に何度も目を覚ましてしまうという症状になります。

 

よく、「歳を取ったら、夜中におしっこに目が覚める」なんて話を耳にします。

 

歳だから、ということで片づけている方も多いようですが、
これも実は不眠症の症状の一つになっているのです。

中途覚醒の原因

中途覚醒の原因は、前述のように加齢によるものも一つです。
睡眠中はレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)が繰り返されます。

 

これ自体は歳を取っても若い人でも大きな差がないのですが、歳を取ると浅い眠りの
度合いが高くなり、レム睡眠で目がさめやすくなってしまうのです。

 

また、加齢により、頻尿になってしまうのも原因の一つです。
また、中途覚醒の原因には病気や怪我も関係してきます。

 

外傷があり痛み止めなどを飲んでいる場合、夜中に痛み止めの効果が切れることで
痛みによって目が覚める事もあります。

 

また、ぜんそくなどの病気で夜中に目が覚めるということもありますし、
睡眠時無呼吸症候群の方も中途覚醒してしまいます。

 

その他に、アルコールの過剰摂取や寝る前の食事も中途覚醒してしまう原因の一つです。

 

アルコールはある程度なら寝酒としていいのですが、過剰摂取は交感神経を刺激することになり、
夜中に目が覚めたり、利尿作用や脱水症状により目が覚めたりします。

 

また寝る前の食事も超が活動しているため、眠りが浅くなってしまうのです。

早期覚醒とは!早期覚醒の内容と原因

不眠症解消

早期覚醒とは

不眠症の中には、自分では不眠症とは思っていない症状もあります。
その一つが、早期覚醒というタイプです。

 

早期覚醒とは、その名の通り早く目覚めてしまうといった症状になります。
ただ、早く目が覚めても、またすぐに眠れるというのであれば、早期覚醒にあたりません。

 

あくまで早く目が覚めて、その後眠ろうと思ってもすぐには眠れない、という症状になります。
よく「歳を取ったら、目が覚めるのが早くて…」なんて話を耳にするでしょう。

 

これも早期覚醒のひとつです。

早期覚醒の原因

早期覚醒の原因の一つは、前述のように加齢によるものもあります。
ですが、加齢による早期覚醒は、それほど悩むことはないでしょう。

 

睡眠に必要な物質としてメラトニンがあるのですが、この分泌量は加齢により少なくなるのです。
そのため早く目が覚めてしまうわけです。

 

ですので、早期覚醒でも、昼間眠くなったり、だるくなったりしない、という場合には問題ないのです。
ですが、早期覚醒には、うつ病である可能性もあります。

 

この場合、うつ病の薬の副作用による早期覚醒の場合もありますし、うつ病の症状の一つである可能性もあるのです。
そのため、病院での診療をおすすめします。

 

また、早期覚醒の場合、体内時計が狂っている場合もあります。
簡単に言えば、早く眠りすぎるために早く目覚めるというものです。

 

早く目が覚めるため、今度は夜の早い時間に眠くなってしまう、
というように睡眠のリズムが狂っていることもあるのです。

 

睡眠時間としては足りているケースが多いので、気にしなくてもいいでしょうが、

 

あまりにも早く目が覚めてしまうという場合は、運動などをして
体内時計を正常に戻すようにするといいでしょう。

熟眠障害とは!熟眠障害の内容と原因

不眠症解消

熟眠障害とは

別に寝付きも悪くないし、睡眠時間もしっかり取れている、だけど朝目が覚めると熟睡感がない、

 

疲れが残っている、身体がだるい、と思う人もいるのではないでしょうか。

 

実はこれも不眠症の症状のひとつで、熟眠障害といいます。
熟眠障害の方は意外と多いのですが、これの問題点は本人が不眠症であると自覚していないことです。

 

入眠障害や中途覚醒、早期覚醒といった不眠症は、寝不足だなと感じる人も多いのですが、
熟眠障害は充分に睡眠時間は取れている訳ですから、寝不足と思わないのです。

 

不眠症の自覚があれば、何らかの対策を講じるのでしょうが、自覚がないのですから、
何も対策せず、それが対策されないまま過ごしてしまうのです。

熟眠障害の原因

熟眠障害を引き起こしてしまう原因は、睡眠環境が大きな問題と言われています。
睡眠環境とは、熟睡を妨げるものがあるということです。

 

例えば、周囲の騒音や明り、部屋の温度・湿度などです。
都会などでは夜も車やバイクの騒音、ネオンなどがあり、また夏などは蒸し暑くなったりするのが原因です。

 

また北国では夜の寒さなども原因となります。

 

また、熟眠障害を引き起こすのは、睡眠時無呼吸症候群などもあります。

 

自分では寝ているつもりでも、無呼吸が続いてしまい酸素が脳に充分に行かないので疲れが取れない、
そして頻繁に目が覚めてしまうためです。

 

また、同様に自分のいびきや歯ぎしりなども、深い眠りを妨げてしまう原因になるのです。
とはいえ、こういったものは自分ではわからないこともあるので、もし熟睡感がない、

 

疲れが取れないという場合には、熟眠障害という不眠症を疑ってみましょう。

適度な運動をして不眠症を対策する。

不眠症解消

不眠症と運動は密接な関係にあり、運動不足だと不眠症になってしまう可能性が高くなります。

 

運動をすることで肥満対策にもつながり、睡眠を妨げる原因の一つである睡眠時無呼吸症候群や
いびき・歯ぎしりなどを少なくできます。

 

また、運動をすることでストレス発散になりますし、適度の疲れも感じて眠りにつきやすくなるのです。「
そのため、不眠症にならないためにも、不眠症を対策するためにも運動は欠かせません。

 

ですが、運動が必要とはいってもどんな運動でもいい、というわけではありません。
よく、寝る前に筋トレなどをして運動すれば、疲れるからすぐに眠れるようになるという人がいます。

 

ですが、筋トレなどのようなキツイ運動は、交感神経を刺激してしまうので、
寝る直前におこなうと興奮して逆に眠れなくなってしまいます。

 

運動をするなら脂肪の燃焼効果もある有酸素運動が交感神経を刺激することなく、
それでいて適度な身体の疲労感もあるので好ましいです。

 

しかも運動をするなら、朝早く起きてウォーキングなどをするのがベストです。
朝の澄んだ空気を吸い、景色を見ながらゆっくりとウォーキングすることでストレス発散にも繋がります。

 

また、朝に太陽の光を浴びることで、体内時計がリセットされ夜になると
自然な眠気がやってくるようになり、不眠症も健康的に対策されます。

 

ヨガや太極拳なども心を無にしてできるものですので、不眠症対策には適しているかもしれません。

 

ただ、運動をするといっても、無理をしてはいけません。
毎日続けることが大切ですので嫌にならないように気楽に始めて、最初のうちは休みたい時に休んでみてもいいでしょう。

【不眠症サプリ】関連情報

不眠症改善サイト

『不眠症を改善してスッキリした目覚めを手に入れる!【不眠症改善サイト】』
「眠りたいのに眠れない!」「寝てもすぐ目覚めてしまう・・」不眠症で悩んでいる人は多くいます。人間の身体は睡眠中でしか復活できない要素がいっぱいあるので、不眠症だと健康な生活に支障をきたす可能性があります。不眠症を改善するには原因を掴むことです。本サイトでは不眠症の改善方法を解説しています。

 

腰痛マットレスの正しい選び方

『腰痛マットレスの正しい選び方|腰痛マットレスおすすめランキング』
スポーツで痛めてしまったり年齢による老化などで誰にでも起こりうるのが腰痛です。 腰は歩いたり屈んだり普段の生活の動きの中で重要な働きを担っているので、腰が痛いのは辛いことです。無意識の寝ているときでも大事な腰をケアすることができたら良いですよね。ここでは腰痛を改善する腰痛マットレス選びについて腰痛マットレスおすすめランキング形式で紹介していますので参考にして下さい。

肩こり・首こりに正しい枕の選び方

『肩こり・首こりに正しい枕の選び方|快眠枕おすすめランキング』
肩こりや首のこりなどに悩まされている人はいませんか?肩こりや首こりの原因はいくつか要素がありますが、もしかすると今使っている枕に問題があるかもしれません。枕が自分の体にフィットしていないと、首や肩の筋肉に大きな負担がかかるためです。当サイトでは、枕の様々な形状から、肩こりとの密接な関係まで検証しています。

ストレートネックと枕の関係

『ストレートネックと枕の関係|ストレートネックの原因・症状・対策』
長時間のパソコンやスマホ操作、年齢などによって起こるのがストレートネックです。ストレートネックによって頭痛や肩こり、首こりなどが引き起こされ、手のしびれやめまいなどになる恐れもあります。ストレートネックの治し方の一つとして、枕が挙げられます。自分に合った枕を使うことでストレートネックの症状の改善が期待できます。

【モットン】高反発マットレス

『高反発マットレス【モットン】で腰痛対策できるのか効果検証』
モットンは腰痛対策用の高反発マットレスです。腰痛対策や姿勢矯正効果が高いことで知られています。腰痛対策で人気のマットレスは他にもありますが、なぜモットンが注目を集めているのでしょうか?当サイトでは、高反発マットレスのモットンの特徴と寝心地を調べました。また腰痛対策の効果とコストについても検証します。

効果と続けやすいコストで考えたおすすめ不眠症サプリ